キャプチャボード I/O DATA GV-USB3/HD vs Elgato HD60S+

とりあえず私の結論

I/O DATA GV-USB3/HDを使う
Elgato HD60S+ はキャプチャが停止する致命的な症状が結構出たため

Elgato HD60S+ で出た現象

37:06 でキャプチャが停止
57:05 で音声遅延が発生している

GV-USB3/HD vs HD60S+ [音声取り込みについて]

GV-USB3 を OBS Studio で使い、音声入力を GV-USB3 で行う場合、
それなりの手順が必要となる
GV-USB3/HD ライブ配信用アプリ設定手順 | アイ・オー・データ機器 (iodata.jp)

で、この設定をしたとき、音声の取り込みはステレオミックスとなる
これの難点は メールやDiscord、他何らかの音全てが入っているので、
うかつに他の操作をしようものならその音が入るということ
これはかなり危険

対して HD60S+ は OBS Studio で指定するだけで音声取り込みまで自動で設定される
(映像入力と音声入力が同じデバイスで入る)

この取り込まれている音声は HDMI入力で入っている音以外は無いので、
余計な音がPCで鳴っても配信や録画には乗らない

外部音声入力の方法の手軽さでは Elgato HD60S+ のほうが良い

補足:GV-USB3/HD で音声取り込み (私の場合)

HDMI ⇒ HDMI 音声スプリッタ ⇒ RCA で オーディオIF に取り込み
先述の通り、HDMI取り込みはリスクなのと、その音声はパススルーではなくプレビューなので遅延があることから

GV-USB3/HD vs HD60S+ [安定性について]

先の配信の通り、致命的な挙動をするのは Elgato HD60S+
一方 GV-USB3/HD は2年ぐらい使っているが、そのような現象に見舞われたことはない


Amazon のセールで買って、HDMI入力の切り替え速度から喜んでたけど、
流石に動作に支障が出るのは良くない
ドライバーも汎用ドライバーで、ファームウェアのアップデートも無いので改善も望めない

HD60S+ を配信で使ってる人はどうやってるんだろう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Share via
Copy link
Powered by Social Snap