[古めのWindowsゲーム] VMware Workstation Player でなんとかプレイしようとしたけどダメなものはダメだったというお話

タイトルが昨今のラノベっぽいな

対象はVMware Workstation Player 16 においての Windows Me の仮想マシンである
Hyper-V や Virtual Box とかだとどうなるんだろう

努力1:16-bit Color を有効にする

svga.spoof16bppHost = "TRUE"

vmx にこれを追記するとディスプレイの有効色のうち 32bitが使えなくなる代わりに 16bitが有効になる

標準で導入すると True Color (32bit) でディスプレイが有効になる
というか昨今のPCは普通これ、スマホですらこれ、というかこれ以外はもう無い

しかし昔は High color (16bit) ですら羨ましがられる環境だった
普通は256色、または16色という環境

こういう情勢なので、ウルトラでスーパーなゲームはものっそい色を要求しているんだぞというエラーチェックをするために
16-bit が使えるかどうかをチェックするゲームやアプリが存在する
16-bit 以上ではなく、16-bit と固定で要求するので、32-bit が使えようがダメなのである

動作を確認したゲーム

XeNN Network “Battle Beat” ( パッケージゲーム、公式サイト現存せず)
起動打者サンカンオー (機動打者サンカンオー[フリーゲーム夢現] (freegame-mugen.jp))
亜々王 ( KAPOLAB | Just another amature game creator’s site )

努力2:拡大鏡で頑張って見る

一部アプリの解像度は 640×480 でフルスクリーンという、現代ではものすごい小さな解像度で起動する
VMware 上でこれで起動すると、ウィンドウサイズがとにかく小さい

これを大きめに見るならば、Windows 10 標準で存在する拡大鏡が便利

・・・今は 1920×1080 という素晴らしい解像度だが、
当時は 640×480 ですらスーパーすごい、1024×768 で動くPCはスーパーコンピューター
・・・ぐらいの感じ

それでもダメな要素がある:MMX アーキテクチャがサポートされない

で、そんないろんなことがまだまだスーパーだった時代に「MMX」という命令セットがある
まあなんか、「すごいCPUが賢い言葉を喋っている」というそんなイメージ

それを使うアプリも多数存在する
で、VMware はその「賢い言葉」を解釈するための仮想環境を用意できない

技術的に言えば、VMware Workstation Player においてのCPUではMMXはエミュレーションされない
他仮想PCだとどうだろう

これが理由でダメだったもの

Madonion.com (現:3dmark.com) : 3Dmark2000 ( 記事:窓の杜 – 3Dベンチマークソフト「3DMark2000」がリリース (impress.co.jp) )

VMware Workstation Player が仮想マシンに3Dアクセラレーションを提供しない

これはなんでなんだ
様々なゲームは恐らくこれのせいでパフォーマンスがかなり落ちる
先述の Battlebeat も 60fps 出ない

結論:昔のゲームをプレイしたくば当時機を入手しろ

ゲーム機と同じということだ

買えるか無理じゃボケ見つけるの大変じゃアホ

・・・ということなので、当時のPCを今も手元に保管している人は大事に保管したり運用を

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Share via
Copy link
Powered by Social Snap