(2022/5/13 更新) グラフィックボード の価格

RTX3050

 適正:39,800円
 最安:40,800円

  履歴
   1/29 : 追加
   2/25 : 価格更新、適正まで降下
   3/17 : 在庫は無いが、ZOTAC製を確認すると同額のため、変動なしとする
   5/13 : Dospara調べ +1000円

  他情報
   適正ソース:GeForce RTX 3050発売。実売3万9,800円から – PC Watch (impress.co.jp)

MSIとZOTACがその価格で出した・・・とのことだが、1/29発売直後時点ですでにこの価格は裏切られている
(2/25) ASUSという大手が Palitという安価大手を超えて適正で出している、RTX3050は安定しそうか

RTX3060

 適正:56,900円
 最安:52,980円

  履歴
   2021/2/26:金額を適正として採用
   9/26:Dospara調べだと Palit製が 57,800円頃 まで落ちてきているのでRTX3060は適正にほぼ近づいているのかもしれない
   11/13:Gainward製の売り切れにより Palit製 66,800円が最安に
   11/26:Palit製が59,800円に、また少し落ち着いた?
   2022/2/25 : 逆に値上がり
   3/17 : 微妙に値下がり
   5/13 : Dospara調べ、適正で買えると言える

  他情報
   適正ソース:価格.com のリリース時価格

RTX3060 は VRAM が多めなので、VRAM消費が大きいゲーム (よく言われるのは VRChat)をやる場合は
上位機種よりもRTX3060 で良いかもしれない

RTX3060Ti

 適正:62,710円
 最安:69,800円

  履歴
   2021/2/3: 金額を適正として採用
   9/26:Dospara 調べで Palit製が 74,800円、まだ12,000円ぐらい高い
   11/13:83,800円に値上がりが続く
   11/26:価格変動なし
   2022/2/25 : ほぼ変動なし
   3/17 : 5000円ほど値下げ、適正 +17,000円
   5/13 : Dospara調べ、やや値下げ

  他情報
   適正ソース:価格.com のリリース時価格

リリース当初はもはやこれで十分、という最強コスパを誇ったグラボだけども、様々な情勢により高騰
かなり落ち着いてきたところだけどもまだ高い

RTX3070

 適正:72,800円
 最安:88,800円

  履歴
   不明: 金額を適正として採用
   9/26:Dospara調べで 92,000円、RTX3060Tiよりも高騰幅が大きい
   11/13:101,000円に
   11/26:価格変動なし
   2/25 : 逆に値上がり
   3/17 : 2万円近くの値下がり、適正+20,000円
   5/13 : Dospara調べ、適正に近づいているがまだ高い

  他情報
   適正ソース:  

最近 3070Ti が出て、そっちのほうが価格が安いという逆転状況が起きていたが、
どうやら 3070Tiよりは安くなった様子 (高騰はしているが)

RTX3070Ti

 適正:89,980円
 最安:89,980円

  履歴
   不明: 金額を適正として採用
   2021/9/26:Dospara調べで 107,000円、一瞬 105,000円 だったがなぜか高騰した
   10/28:更に120,000円 へ値上がり・・・いつ買えるようになるのか
   11/13:125,000円へ
   11/26:価格変動なし
   2022/2/25 : 緩やかに降下中、2021/9月時点まで
   3/17 : Palit製、と思いきや MSI製が最安・・・もしかしたらもうじきPalitも値下げしたかもしれない、適正 + 7,000円
   5/13 : Dospara調べ、7000円値下がり、適正価格に

  他情報
   適正ソース:  

3070、3080などが高騰している中リリースされた Ti版
先述の通り、Tiのほうが価格が安いということで、ゲーマーの中では話題になった・・・と思う

RTX3080

 適正:103,810円
 最安:120,800円

  履歴
   不明: 金額を適正として採用、適正価格の調査日付不明、価格.comの履歴さかのぼりだったはず
   2021/9/26:Dospara調べで 138,000円と、グレードが上がるにつれ高騰幅が高い
   11/26:152,000円 (Dospara調べ Palit製)
   2022/2/25 : 微弱に降下
   3/17 : 変動なし、3070などは値下がりするものの、こちらはなかなか下がらない
   5/13 : Dospara調べ、25000円値下がり、適正からはまだ遠いがだいぶ値下げ

  他情報
   適正ソース:  

中国のマイニング規制によりかなり落ちてついてきた金額ではあるが、まだ高い
RTX30シリーズリリース当初の最上位グレード
マイニングによってかなり買い占められた種類

RTX3080Ti, RTX3090

正直これ以上はゲーマーでもオーバースペックすぎて
ゲームのほうが追いついてないと思うので調査はしていない


Radeon RX6600

 適正:41,030円
 最安:42,980円

  履歴
   2021/10/30 : 追加
   2022/2/25 : やや価格が下がる
   3/17 : 5000円値下げ
   5/13 : Dospara調べ、7000円値下げ、適正に近づいてきた

  他情報
   適正ソース:  
   比較対象:RTX3060

Radeonも取り上げてみる
互換性による問題は殆ど無いとはいえ、一部ゲームはやはり「GeForce特化」であったりするので、不利に働くこともある
そこをどう捉えるか、ちなみに逆に「Radeon特化」もある

適正価格は 4gamerさんの記事の金額から、税を加算したもの (⇒ AMD,新型GPU「Radeon RX 6600」を発表。GeForce RTX 3060に挑戦するNavi 2X世代のエントリー~ミドルクラスGPU (4gamer.net) )
国内販売だとよくわからない金額が加算されてより値段が高くなる

比較対象のRTX3060と比較すると買ったり負けたりだが、レイトレーシングを高めにすると負けが大きくなる様子

ちなみに現時点最安は品切れ当時の価格なのでアテにならない
(2/25) 在庫ありに

Radeon RX6600XT

 適正:5万円台
 最安:54,800円

  履歴
   10/30 : 追加
   11/26 : 1万円近く値上がり
   2022/2/25 : やや価格低下
   3/17 : 微妙に値下がり・・・というかこの差はただのメーカー差
   5/13 : 適正近くまで値下がり、-8000円ほど

  他情報
   適正ソース:  
   比較対象:RTX3060, RTX3060Ti

RX6600よりこちらが先に出ている
価格はおいおい記述するが、5万円台というのは PC Watch さんの記事から( ⇒ 【Hothotレビュー】フルHDゲーミングの最適解となるか?「Radeon RX 6600 XT」レビュー – PC Watch (impress.co.jp) )

性能は3060Tiに近似しているが、やや劣るらしい

Radeon RX6700XT

 適正:68,000円台
 最安:82,800円

  履歴
   2021/10/30 : 追加
   11/26 : 1万円近く値下がり
   2022/2/25 : 更に値下がり、10万円切る
   3/17 : よく知らないメーカーが最安値更新
   5/13 : Dospara調べ、5000円値下げ

  他情報
   適正ソース:  
   比較対象:RTX3060Ti, RTX3070

価格は3060Tiと3070間、またこちらもPC Watch さんの記事参考 (⇒ 【Hothotレビュー】メモリ12GBを備えたAMD「Radeon RX 6700 XT」の実力 – PC Watch (impress.co.jp) )
・・・とすると高騰幅がとんでもないことになっている

性能は頑張っている方で、3070にほぼ匹敵する・・・が、やはり価格を見ると、それならば現状でも 3070のほうが良い
(2/25 追記) 3070や3070Ti よりも価格が下がったので、今ではこちらが安くつく

Radeon RX6800

適正:76,980円
10/30時点 最安: 76,978円 (Dospara調べ[品切れ], 玄人志向)
比較対象:RTX3080

価格は Akiba PC さんの情報から (⇒ AMDのRadeon RX 6800シリーズがデビュー、上位の「Radeon RX 6800 XT」は税込87,980円から – AKIBA PC Hotline! (impress.co.jp) )

ここに来ると性能は急に3080を追い抜いたりする
もし現行でも販売されていたら、3080買うなら 6800・・・だったのかもしれない

Radeon RX6800XT

 適正:87,980円
 最安:149,980円

  履歴
   2021/10/30 : 追加
   2022/2/25 : あまり価格は変わらない
   3/17 : 微妙に値下げ、だがこの値段は
   5/13 : Dospara調べ、メーカー差

  他情報
   適正ソース:  
   比較対象:RTX3080

価格は ちもログさんから (⇒ Radeon RX 6800 XTベンチマーク&レビュー:RTX 3080にあと一歩の性能 | ちもろぐ (chimolog.co) )
PC情報ではたまに参考させてもらってます

こちらも高騰幅が大きすぎる状況、LHRなど対策を打っていないせいかマイニング側に持っていかれているのかもしれない

性能は3090さえ超えるというらしい

Radeon RX6900XT

 適正:
 最安:179,800円

  履歴
   2021/11/26 : 追加
   2022/2/25 : 1万円近く値上がり

  他情報
   適正ソース:
   比較対象:

RX6800XTの時点で3090を超えているので、ここはよかろう


(2022/5/13)
敗北しました
RTX3070Tiは現在適正で購入できるので、迷っていた人はどうぞ

(2022/3/17)
RTX3070Ti を+10000で買いました、昨今の情勢を見て今が多分一番値下がりしている時期とみて
ハズレたら時期をミスった人として笑ってもらえれば
・・・なので、更新は今後しないかもしれない



情勢的に仕方ない部分もあるけども値上がりしているグラボのお値段のお話

適正価格は個人的な感覚
情勢を鑑みれば、ショップで売られている今の価格が適正価格ではあるものの、やはり本来の値段で買いたい

なお、私は現在 Palit製 GTX1070 を使用
※価格については、5年前のPCより前から使っていて今の情勢とは状況が違うので適正のとき

現行ゲームも割と動作しているけども、Satisfactory が未最適化で 40fpsぐらいしか出ない区間があるのと、
レイトレーシング機能が欲しくて、 RTX3070あるいはTiをハントしようとウォッチ中

今は MSI、Gigabyte、Asustek、玄人志向 というメジャーなところに加え、Palit、Gainward というところも出している
いずれも信用できる企業なので、どこのメーカーのものを買っても良い

※Radeonを追加、私もかつてはRadeon使いであった

落ち着くまでもう少しかかるかな
RTX40シリーズの話題も出てきたし、それでもうちょっと下がらないかな

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Share via
Copy link
Powered by Social Snap